【アルバート・エリス】の論理療法(REBT)|ココだけはおさえておこう!

アルバート・エリスの論理療法(REBT)
Pocket

出題頻度

論理療法は、1950年代にアメリカの心理学者、アルバート・エリスによって提唱された心理療法。
ベックの認知療法に大きな影響を与えたとともに、今日の認知行動療法の発展に大きく貢献した。
「ABCDEモデル」「イラショナル・ビリーフ」はよく出題されていますので、しっかりおさえておきましょう!

論理療法(REBT)

REBTとは

Rational :合理的・論理的
Emotive :感情・情動
Behavior :行動・動作
Therapy :療法

理論的背景

  • 人間の行動と価値観、情緒反応の相互作用に着目し、人間の問題行動はものの考え方と情緒の結びつきにあると斬り込んだ治療法で独自性がある。
  • 人の悩みや問題には、非合理的な人生観や固定概念が作用していることが多く、それによって情緒的不安などのネガティブな反応が生じると考える。
  • 出来事をどのように受け止めるかという信念(ビリーフ)によって結果として生じる感情や行動、身体反応は異なる。
    誤った思い込みや思考を修正することで、結果として生じる感情や行動を、より健康で適切なものに変化させることができるという考え方。

主要な概念や技法

ABCモデル

  • ABCモデルはREBTの基礎理論。
    多くのクライエントは、「A(出来事)」が直接の原因となり、現在の問題の「C(結果)」となっていると思い込んでいるが、実は、AとCの間にある「B(信念・ビリーフ)」こそが「C(結果)」の原因と考える。

ABCDEモデル

  • ABCDEモデルは、ABCモデルを発展させたもの。
    「Dとは論駁(ろんばく)」すなわち、クライエントのもつイラショナル・ビリーフに対して、カウンセラーが事実に基づく証拠によって論理的に反論し粉砕することで、クライエントのイラショナル・ビリーフがいかに不合理で目標達成を妨げるものかを理解させる。
    すると「E(効果)」として新たに効果的な考え方ができようになるとした。
  • REBTが目標とするのは、クライエントが問題に直面した際、イラショナル・ビリーフ(B)を自ら発見し、自ら反論することでラショナル・ビリーフ(B’)を導き出せるようになること、自力で自分の問題を解決できるようになること。

イラショナル・ビリーフとラショナル・ビリーフ

  • エリスは、人間の信念には非合理的なもの(イラショナル・ビリーフ)と合理的なもの(ラショナル・ビリーフ)の2種類があるとした。
  • イラショナル・ビリーフは、事実に即していない、論理的に必然性に乏しい、「〜でなければならない」「べきである」という考え方。
  • ラショナル・ビリーフとは、「できるなら〜であるに越したことはない」といった考え方で、現実的・論理的で選択の余地があるもの。
■ イラショナル・ビリーフとラショナル・ビリーフの特徴
イラショナル・ビリーフラショナル・ビリーフ
・非論理的で筋が通らない
・非現実的で事実と一致しない
・絶望的
・混乱した感情をもたらす
・目標達成を妨げる
・論理的で一貫している
・現実的で事実と一致する
・相対的
・その場に応じた感情をもたらす
・目標達成に役立つ
■ イラショナル・ビリーフの4分類

イラショナル・ビリーフを発見するには、次の4種類のイラショナル・ビリーフに相当するかを分類しながらクライエントの話を聴く。

  1. ねばならぬビリーフ
  2. 悲観的ビリーフ
  3. 非難、卑下的ビリーフ
  4. 欲求不満低耐性ビリーフ

REBTのプロセス

  1. ABCDE理論やカウンセリングの効果をクライエントに説明する
  2. 問題を明言し、目標を設定する(A)
  3. イラショナル・ビリーフを発見する(B)
  4. その結果(感情等)を特定する(C)
  5. イラショナル・ビリーフの非論理性・非現実性を明らかにする(D)
  6. 問題に対処することを支援する(E)

まとめ|ココだけはおさえておこう

  • 提唱者
  • ABCDEモデル
  • イラショナル・ビリーフ

シェアしてね!