カウンセリングにおける傾聴とは?由来や具体的な技法をご紹介

Pocket

傾聴とは、カウンセリングにおける対話(コミュニケーション)技法です。

この記事では、カウンセリングの場面における、傾聴の由来や、悩みや不安・問題の解決を進めていくうえでの傾聴の具体的な技法を、心理カウンセラーの視点からご紹介していきます。

カウンセリングにおける傾聴の由来

カウンセリングにおける“傾聴”とは、アメリカの心理学者カール・ロジャーズによって提唱された「来談者中心療法」のなかで定義された、聴き手(カウンセラー)に求められる基本的態度3条件をもとに「アクティブ・リスニング(積極的傾聴)」という名称で生み出されました。

カウンセラーに求められる基本的態度3条件
① 無条件の肯定的関心(受容的態度)
② 共感的理解(共感)
③ カウンセラーの自己一致

ロジャーズは、この基本的態度3条件をもって、相談者(クライエント)の話に深く寄り添い受け入れ耳を傾け、共感的理解を示しながら対話をすることと唱えています。

傾聴の有用性

ロジャーズは、来談者中心療法のなかで、前提として「人間は“本来”、自己成長力をうちに秘めていて、自分の問題については自分が一番よくわかっている。」と考えました。

「答えはクライエントのなかにある」

「答えはクライエントがもっている」

と捉えていただけるとわかりやすいですね。

その“答え”を導き出すためには、「カウンセラーが話してばかり」や「ただ聴いているだけ」ではなく、3条件の態度・姿勢でしっかりと傾聴することで、クライエント(相談者)の“気づき”を促し、答えを導き出すことができるようになります。

話したり伝えたりすることで、途中で何かに気づいたり、頭が整理されてスッキリした経験ありませんか?

気持ちや感情、出来事を言語化して口に出すことで、カウンセラーが特別な助言や指導・アドバイスをしなくても、クライエント自らの気づきで問題を整理して、解決していくことができるという有用性が、傾聴にはあります。

傾聴に使われる技法

カウンセラーは、具体的に次のような「かかわり技法」を用いながら、文脈に沿って話を展開し傾聴を行っていきます。

傾聴技法
・質問
・沈黙
・うなずき、あいづち
・繰り返し(伝え返し)
・はげまし、いいかえ、要約
・意味の反映
・焦点

質問

質問は話を深め、相談者の自問自答を促す効果があります。

質問には、YESかNOで答えられるような「閉ざされた質問(クローズドクエッション)」と、その時の状況や考え・気持ちを聞くような「開かれた質問(オープンクエッション)」の2種類があり、文脈に沿ってバランスよく質問することで、気づきを促します。

沈黙

日常の会話では「沈黙は重い」とよく言いますが、カウンセリングでの沈黙や言葉のあとにつづく「…。」には、その言葉を噛み締めていたり、どう表現しようかを考えていたり、伝える内容を思い出そうとしていたりすることを受け入れて待つ、とても大切な時間です。

うなずき・あいづち

カウンセラーは、クライエント(相談者)の価値観や概念・考え方に自己一致し、共感的に話を聴きます。

話をしっかり受け止め、「うん、うん。」とうなずいたり、「あー」「へぇ」などのあいづちを打つことで、クライエントは受け止めてもらっていると安心することができます。

繰り返し(伝え返し)

カウンセラーはクライアントの鏡となり、話の重要なポイントをそのまま伝え返しします。繰り返し伝え返された言葉を聞くことで、クライエントは自分自身の状況や気持ちを客観視することができます。

はげまし・いいかえ・要約

クライエントの経験や感情をはげますことで、語りを促します。
いいかえとは、例えば「ザワザワする」というような、クライエントの独特の抽象的な本質表現を「落ち着かない感じですか?」というような違う言葉で伝え返す。
要約とは、長く語られた話のポイントを短い表現でまとめて伝え返したり、時系列でまとめたりすることで、問題の整理や統合につながります。

意味の反映

クライエントの語るストーリーには、クライエントの思考や感情、行動の裏に隠れている自らの意味や価値観が含まれると考えます。
例えば、クライエントが大切にしているもの・ことを「○○は、△△さんにとってどんな意味があるのですか?」や「□□をとても大切にしているように伝わってきましたが…」というように反映させることで、クライエントの自己理解が深まり、価値観を探し求めることにもつながります。

焦点

語りのなかでは多くの事柄や周囲の人が出てきます。例えば、家族のことや職場のことや社会情勢的な内容など。
カウンセラーは、さまざまな側面から語りの理解をしながら、クライエント自身に焦点を戻しながら傾聴を展開します。広げた視点を自分に戻すことで、問題をながめることを助け、解決へと促します。

まとめ

今回は、カウンセリングにおける傾聴についてご紹介しました。

「カウンセラーの基本的態度3条件」に示される“受容・共感・自己一致”。
これに、今回紹介した技法を取り入れることで、傾聴はより深まります。

傾聴を深めることで、悩みや不安・問題の解決に欠かすことのできない、クライエントとカウンセラーの信頼関係(ラポール)も深まります。

傾聴の技法は、今回ご紹介したものがすべてではなく、サポートが進んだ段階に至っては、助言や自己開示などの技法も取り入れながら、より自己理解を深めていきます。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、オンラインdeカウンセリングでは、残念ながら対面でのカウンセリングは現在休止しておりますが、zoomやメールでのリモートでの傾聴・カウンセリングをしていますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。




仕事やキャリアの悩み相談
オンラインdeカウンセリング

その悩み、一人で抱えていませんか?キャリアとメンタルのプロが一緒に考え、解決にむけたパートナーになります。